タクシー運転手に転職するのに必要なこと

タクシー運転手に転職するためには、「第二種運転免許」が必要不可欠になってきます。合宿することで短期間で免許を取得するのもよし、タクシー会社に就職して援助してもらうのもよしです。

タクシーの様々なサービス

  • 女性運転手を指名するなでしこタクシー
  • 妊婦さんのための陣痛タクシー
  • 観光を楽しむための観光タクシー
  • タバコが苦手な人のための禁煙タクシー
  • 子供の学校や塾への送迎をするキッズタクシー
  • 大人数で移動が可能なワゴンタクシー

[PR]自動車免許は合宿プランで取ろう
専用のローンを提供してくれる

[PR]免許合宿おすすめ情報!
申し込みも簡単♪

転職のために知っておきたいタクシー運転手という職種

おもちゃの車

タクシー求人の年齢層の幅広さ

タクシー運転手には定年退職の制度が設けられていません。また、第二種免許の取得年齢が21歳以上となっているため、若くからタクシー運転手に就くことができます。また、求人募集も全国で多くあります。

タクシー運転手に関しての疑問質問

運転

二種免許って取得するのが難しいのか

第二種免許の取得条件として、普通免許を取得してから3年以上、21歳以上の年齢であることです。この点をクリアしていれば、合宿または自動車学校で取得することが可能になります。

タクシー運転手って本当に稼げるのか

タクシー運転手は1日の売上の50から60パーセントが給料として還元されるシステムとなっています。1日売上が約5万とされているので、月に約36万が平均となります。頑張り次第では給料アップも夢ではありません。

勤務体制って一体どうなっているの

タクシー運転手には2種類の勤務体制があります。1つは隔日勤務と呼ばれる1日出勤したら次の日がおやすみという体制です。もう1つは「日勤」と呼ばれる昼勤のみ、夜勤のみという体制です。こちらだと、完全なシフト制になる上に、ドライバー経験がある人を優勢に採用していることもあるので、事前の確認が必要です。

タクシー運転手の勤務時間ってどれくらい

タクシー運転手の勤務時間がとても長いです。朝の8時から次の日の朝4時までの勤務時間です。この中に3時間の休憩が含まれます。しかし、これは主流となっている「隔日勤務」の時のみになります。昼勤や夜勤になりますと、また時間は変わってきます。

万が一業務中に事故を起こしたらどうなるの

タクシー運転手は車を運転する仕事のため、注意しながら運転するのが基本となりますが、こちらがどれだけ気をつけていても事故は起こってしまうものです。そんな時は会社が保証してくるために、運転手への負担は最小限で済みます。

広告募集中